裏・きぎょうにっき powered by 杉田ともゆき
起業→成長→上場までの過程を日々更新していきます。 ※公式ブログのサーバーが重いため裏・きぎょうにっきを始めました。

きぎょうにっきは引っ越しました。
http://blog.fruitmail.net/vshare/
裏・きぎょうにっきは引き続き不定期更新をしていきます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/01/31(火) 00時頃   CATEGORY: 言の葉
うちの社員は”専門家”
本日のWBSのメインテーマ。


まいったなぁ~。
絶対これからの時代は、社員個々の専門化が必要だ。
って思ってたから、うちのスタッフにも営業のための専門知識を教えてたんですが、飲食業界ではすでにトレンドになりつつありますね。



社員を専門家にすることについて、最近よく思うこと。

ここ10数年、経営者は専門家になる必要はない。という考えが新しいトレンドでしたが、これからの時代はそれじゃ通用しないと思います。
この世の中で一番、危険な事は何だと思いますか?
ちょっと考えてみてください。


僕は「知らないでいる事」だと思います。
例えば、あなたが名刺を作ろうと思っています。
知らないと、Googleのトップに出てくる100枚2500円のところで注文するでしょう。
相場を知っていれば、100枚2000円以下で作れるところを探すでしょう。
町の印刷所を知っていれば、100枚1500円以下で作れるでしょう。
どこにお金がかかるのかを知っていれば、原稿をIllustratorで作って印刷業者に発注して100枚1000円以下で作るでしょう。
初めに比べて60%OFF!!!!
もちろん裏面に広告は入ってませんよ。

ってことで、知らないと業者の言い値を支払うはめになってしまいます。特に最近、SEO対策とかで悪徳業者が検索の上位に現れる場合もあるし。

偉そうな事言ってすいません。

まだまだ続きます
FC2blogRanking
専門知識を持ったからといって、何でもかんでも自分でやるというのはちょっと違うと思います。
専門知識を持つ事で、
1.商談の際に専門家と会話が出来るようになる。
2.妥当な交渉が出来るようになる。
くらいの事が出来るようになると思います。
特にSEと会話をする時は、概念的なキーワードやカタカナ用語、アルファベット用語など、知らないとまったく会話が成立しません。
で結局、「うちでは○○○○万円でやってます。」
「じゃ、おねがいいします。」または「もっと安くしてくれ。」
という会話になってしまいますよね。。。

そんなことしてたらベンチャーだったらあっという間に潰れないかえ?


っていうのが僕の考えです。

乱文でごめんなさい
参考になった方は応援よろしくお願いします。
参考になった
・参考にならなかった
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*6 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

| URL | 2006/01/31(火) 01:30 [EDIT]
会社の経営って色んな配慮が必要なんだね。
仕事って、専門知識を持って、自分の力でやるのも大切だと思うけど、
それ以外は、人の力を借りる勇気も必要だと思う。
う~ん、こういう考え方じゃまずいかな?
あっ、ランキングのページが
上手く開かなかったの、私だけ?

きょうこ | URL | 2006/01/31(火) 01:33 [EDIT]
上のコメント、私です。
ごめんなさい。名前書き忘れてましたm(_ _)m

シルビーニョ | URL | 2006/01/31(火) 03:12 [EDIT]
A子から聞いたけど、やっぱり本格的なんだね!
すごーい!今度大阪遊びに行きます☆

あ~ゃ | URL | 2006/01/31(火) 12:07 [EDIT]
確かに~
私も最近、知識不足超実感中…(とくにともくん、あんたたちと喋ってるときだよ!)
頑張って勉強しマース!!
目指せ、知識の専門家☆w

いきなりだけど、SEって何?w
● fukaine
occun | URL | 2006/01/31(火) 21:11 [EDIT]
前半の部分、『ドラゴン桜』でおれがすごい納得した事と似てる!「バカ(=無知)は、損をする。世の中は賢いやつが、自分らが得をするようにルールを作ってるんだ。」ってやつ。

ちょっと純粋な疑問で、別にマジメに答えなくていいんだけど、「専門知識を持つ人」ってどんな人のことなんやろなー。例えば、SEのシステムに対する知識とかならわかりやすい。
けど、ある人たちは、たいして深い知識を持たず、満遍なく薄っぺらくいろんな分野を知ってるだけで、ずっと営業をしてきました。そしたら、交渉力とか対話力という漠然としたスキルが身につきました。それが武器です。この人たちは「専門知識」のない人なのかある人なのかどっちなんやろう・・・
同じく、ずっと管理職で「経営」というものを長年扱ってきた人もどっちやろう。
・・・と考えて行くと、「経営者は専門家になる必要はない。」というここ10数年の新しいトレンドも怪しいもんですよね。
長々とゴメン。

ともゆき | URL | 2006/02/01(水) 02:40 [EDIT]
→きょうこ
もちろん何でもかんでも自分では出来ないから誰かに頼る事は絶対するよ!ただ、何も知らずに頼るのと、最低限勉強してから頼るのでは違うということが言いたかったの。
「専門家」とは遠く離れてしまうけどね(^^;やっぱりバランス感覚が大切だと思うよ。
あ、ランキングは時間帯によって上手く見れない時があるみたい!俺もたまに見れないっす。

→シルビーニョ
毎回ハンドルネーム変えないでおくれ~w
誰かわかんないよ(>_<)
大阪来た時は是非A子と一緒に飲みましょう!

→あ~ゃ
いやいや、俺らもまだまだ勉強中だし汗
SEってのはシステム・エンジニア。わからん単語はWikipediaで調べよう(笑)
最近多いのはWEBシステムの設計とかする人かな?デザイナーでもSEみたいなことやってる人もいるし、定義は曖昧だと思うわ(?)

→occun
コメントありがとう☆
真面目にコメントします!
専門知識を持つ人ってのはSEでもそうだし、調理師・デザイナー・整備工・弁護士も。彼らは持っているだけで武器になる「専門知識」を身につけていると思います。
営業の「専門知識」とは持っているものをアウトプットするための知識なんじゃないかなと?
すんごい、概念的で抽象的な表現でゴメン。ここで言う「専門知識」とは前者の事を指してます。だからアウトプットする内容「専門知識」を身につける事で、他の営業の人間には絶対勝てない武器が手に入るんではないでしょうか?ま、営業スキルが同程度ならばって前提ですが。
って、営業についてそこまで知ってるわけじゃないからこれ以上言及するのは控えたい(ダメ?)
この議論はもっとしていきたいね!

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 裏・きぎょうにっき powered by 杉田ともゆき. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。